• ホーム
  • チャンピックスとドパミンの作用

チャンピックスとドパミンの作用

タバコと灰皿

チャンピックスは禁煙補助薬です。どうやって効いているのか気になるでしょうから、その作用を説明しましょう。
まずはニコチンとドパミンについて理解する必要があります。タバコを吸うと気分が良くなりますね。
これは、タバコに含まれるニコチンが肺から吸収され、血流にのって脳に到達した後、脳神経細胞にあるニコチンレセプターに結合することで、ドパミンと呼ばれる物質が放出されるようになっているからです。
このドパミンが心地よさ、気分のよさを感じさせるので、タバコを吸うと気分がよくなるのです。
チャンピックスはこのニコチンレセプターに結合して作用を及ぼすのですが、この作用は、生化学的に二つの意味を併せ持っています。
一つは、ニコチン的な働きを引き起こす作用で、もう一つは、本物のニコチンがそのレセプターに結合することを邪魔する作用です。
専門用語としては、前者は作動薬としての作用、後者は拮抗薬としての作用と呼びます。
平たく言えば、チャンピックスはニコチンのような働きも少しは持っていて、でも本物のニコチンがレセプターに結合することはできなくする、ということになります。
それで、どうなるのかと言いますと、チャンピックスは、本物のニコチンほどではありませんが、ドパミンを少しだけ放出させることになります。
ですので、タバコを止めたとき、ニコチンがないときの禁断症状は、少しは和らぎます。
一方で、ここで仮にタバコを吸っても、ニコチンレセプターには先にチャンピックスが結合してしまっているので、ニコチンは結合できません。
つまりタバコを吸ってもドパミンの量は増えませんから、タバコを吸っても気分はよくならず、おいしいと感じなくなります。
これがチャンピックスとドパミンの作用です。

最近の投稿
アーカイブ
サイト内検索