灰皿とたくさんのタバコ

煙草に含まれている成分で有名なものがニコチンです。
このニコチンが手放せなくなってしまうと煙草をやめられなくなってしまうのです。
ニコチンは煙草を吸うと肺からすぐに脳内に届きます。そして脳内のニコチン受容体に結合して、ドーパミンという神経伝達物質を放出します。
ドーパミンの働きには快感や多幸感をもたらす、リラックスする、やる気を起こさせるなどの作用があります。
そのため、煙草を吸うことでニコチンが体内に入るとドーパミンが放出されてリラックスできたり快感を感じてしまうことで煙草が病みつきになってしまいます。
また、時間が経ってドーパミンが減少すると再び放出させるために煙草を吸うという悪循環が繰り返されてしまいます。
チャンピックスはその作用を逆手に取った禁煙治療薬です。チャンピックスを服用するとその成分は脳内のニコチン受容体に結合して少量のドーパミンを放出します。
その後煙草を吸っても、体内に入ってきたニコチンはニコチン受容体と結合することができないのでドーパミンが放出されず、煙草を吸っておいしいとかリラックスできるなどの効果を感じることができなくなってしまいます。
今までの禁煙パッチなどは煙草を吸わずにニコチンを禁煙パッチなどから補給するというものでした。
結局、体内にニコチンを取りいれるという方法は変わっていなかったので、いざ禁煙をやめて禁煙パッチなどを利用しなくなると体内のニコチンの量が減少してしまうのでドーパミンが放出されず、イライラしたりするのを防ぐため再び煙草を吸ってしまうことが多くありました。
チャンピックスにはニコチンが含まれていないため煙草を吸うことを自然とやめることができるのです。

記事一覧
最近の投稿
アーカイブ
サイト内検索